読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうても恋愛ができない話

今のところ進路のことしかブログに書いてないので、少し趣旨の違う話をば。(ブログはただ文句を垂れ流すだけの場所じゃネんだぞと思いつつ愚痴みたいな内容です)

 

 

 

 

私は生まれてこの方彼女ができたことがありません。

 

誰かに告白したことも、されたこともありません。好きな人は何人もいましたが、たまに話す程度か、一言二言言葉を交わしただけで離れてしまった程度、もしくは既に別の彼氏が居たりとかそんな感じ。

彼女は欲しいけど、作るために何かを頑張ったりとかはほとんどしてきませんでした。何をしたら良いのかもわかりません。

 

「まずは話しかけよう」何を話しかけたらいいんだろう。いきなり話しかけて気味悪がられないか怖くてできません。異性に第一声としてなんて声をかけたらいいんでしょうか。

 

「趣味とかで繋がり無いの?」絵を描く異性の知り合いはいませんね。周りで描いてるって人も聞かないです。登山は、部活のメンバーに女の子はたくさんいるけど、私は部内恋愛は様々な理由でしたくないので却下でお願いします。

 

「ご飯とかに、何回か誘ってみよう」ほぼ初対面の人にご飯に誘われるって恐怖じゃないですか…?じゃあ初対面じゃないようにまずはお話から…って、だから何から話しかけたらいいかわからないって言ってるじゃないですか。

 

 

 

 

傷つきたくなくて、気持ち悪がられたくなくて、自分かわいさに何も行動を起こすことができなくて、恋愛0年生のまま年齢だけ重ねてゆく。

 

昔一度だけ、がんばって恋愛しようとしたことがあるんです。

高校2年の時に、クラスの女の子が「そういえば、〇〇くんとはまだメアド交換してなかったね」と声をかけてくれました。(まだスマホの無かった当時、クラスメイト同士は男女関係なくとりあえずメアドだけは交換しとこう、みたいな風潮がありました)

確認の返信をするうちに他愛もない話に発展し、ほぼ毎日メールのやりとりをする仲になりました。それがきっかけで学校でもよく話すようになり、いつしか彼女に惹かれていった私は、さまざまなアプローチをしていきました。

彼女の好きなアーティストのCDを借りたり、服の絵の勉強に使いたいと言って彼女からファッション雑誌を借りたりして、その都度お礼にお菓子を渡していました。メールの文面で彼女の優しいところや長所をめちゃくちゃに褒めたり、絵文字にハートマークを思い切って使ってしまった時は「やってしまった」と後悔したけど、向こうもハートマークを返してくれるようになってアホみたいに喜んだりもしました。放課(休み時間)は積極的に彼女の机に通っておしゃべりし、お互いを「〇〇っち」とあだ名で呼び合うようになりもしました。

 

告白は、デートの前にするものか後にするものかがわからなかった(彼女に好意を抱いてることは友人の誰にも秘密にしていた)ので、「デートの最後に告白しよう!」と自分で計画し、彼女をメールでデートに誘いました。

文面に明確にデートとは書いていませんでしたが、お祭りにふたりで行こうと言っているんだから察してくれるだろうと思っていました。その初お誘いは「その日は用事があるから」と断られました。

 

 

 

その後も映画、花火大会、買い物、フリマと、いろんな場所に彼女を誘いましたが、いずれも「その日は出かけるから」「部活があるから」「友達と用が」と、やんわりと断られ続けました。結局最後まで彼女とは、一度もどこへも遊びに行くことはありませんでした。

私の調べでは彼氏はいなかったはず…あれだけ仲良くしてるのに…それとももしかして、本当は私のことを鬱陶しく思っているのでは…?

ほぼ毎日夜遅くまでメールをして、付き合ってもないのに馴れ馴れしく気持ち悪い文面を使い、告白すらしてないのにデートにしつこく誘うなんて、私はもしかして、ストーカーまがいのことをしているのではないのだろうか。

今思ってもかなりグレーだったと思います。ともかく私は彼女をデートに誘うのはやめて、学校で彼女と少しよくおしゃべりする仲でいるようにしました。3年生になり彼女ともクラスが離れると、だんだんと話すことも、メールすることも減っていき、最後は完全に疎遠になったまま普通に卒業しました。

 

 

 

恋愛において、異性との距離のとり方には適切・不適切があると思います。けれども私には、何が適切か、どこからが不適切かがよくわかりません。それはきっと、いろんな人と交際していくうちに、何度も失敗して傷ついていくうちに、学んでいくものなんだろうなと思います。

私は傷つくのが嫌で、気持ち悪がられたくなくて、自分可愛さに何も行動を起こすことができなくなっているのが、自分の現状だと思います。

 

 

これが「まだピチピチの高校生です」というならまだ世間的にも許されると思いますが、大学の過程も終盤、いよいよ来年は社会に出るか否か(今そこで絶賛悩んでいるのですけどね)という男が、20も越えた野郎が、いまだこんなことでウジウジ悩んでるのはマズイ気がしてしようがないです。

最近は恋愛経験の無いの成人男性比率も上昇傾向にあると聞きますが、私のような人間がマイノリティーであることもひしひしと感じます。ましてや異性経験人数で勝る女性が、20にもなって異性と手も繋いだことの無いクソ童貞なぞ、誰が相手にしましょうか。

この危機的状況は、これから年齢を重ねてゆく度に、対外的にも対内的にも深刻化してゆく一方だと思われます。

「そんなの関係ない!って言ってくれる運命の人との出会いが、きっといつかあるよ」

いつかっていつですか。そんなの結果論じゃないですか。私には来た・貴方には来なかった、それだけでいくらでも片付けられる話じゃないですか。

 

 

 

 

だいたいおかしな話じゃありませんか。交際に発展しうる「告白」という過程には、告白「する側」と「される側」の二択があるのに、こういう話になるといつも「お前がする側だ」というのが前提なんですよ。

 

なんで私は「される側」になっちゃいけないんですか。男から告白はするものだって誰が決めたんですか。そんなの今時の男女平等社会で通用すると思ってんですか。私は異性に話しかけてきっかけを作ることを要求されるのに、どうして私に好意を持って話しかけてくれる異性はいないんでしょうか。

てかなんで私は「される側」になれないんでしょうね。ただ単にルックスの問題なのか、雰囲気が既に「こいつ童貞っぽそ~」ってオーラでも放ってるんでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

息をするように彼女をとっかえひっかえする人種がいる一方で、どうして私はスタートラインでこんなに一人で悩んでるんでしょうかね。原因はまとめてしまえば「自分が悪い」んですが、終わりなき自己嫌悪は心を歪め、いつしか「こんな私にした周りが悪い」と外に責任を求め始めます。そうして自分で自分の首を絞めてゆく。

でもむしろ、そうして心が荒んでゆくからこそ、癒しを求めて「あ~彼女欲しい」なんて呟くのかもしれないですね。おかしいね。恋愛のベクトルは片方だけではないし、お互いがお互いを癒し合うものなのに。

 

ともかく私に今必要なのは、「傷ついてでも気持ち悪がられても、行動する」ことだと自分では思います。一度や二度、いや30回ぐらい振られる勢いでいったらいいかな。「こいつマジでキモイんだけど」って、LINEのスクショをSNSに晒されて軽くバズるくらいのつもりで 笑

誰かストーキングの仕方教えてください