読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現状報告④

おひさしぶりです。DD師走です。

 

Twitterアカウント消してしまったのでどれだけの方がこれ読んでくださっているかわかりませんが、久々の更新です。

 

 

 

毎日うだるような暑さが続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

先日最高気温が37度を記録し、一応夏のピークは過ぎたとは言えこうも猛暑では、さすがに半袖短パンじゃないとやってられないですよ。

 

 

 

 

 

 

 

は?

暑さ?最高気温37?

 

一体何を言ってるのかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:DDshiwasu:20170212143022j:plain

 

 

私は今、夏真っ盛りの国に来ています。

 

 

 

日本から飛行機で約28時間(バンコクで乗り換え)、南半球オーストラリア大陸オーストラリア連邦、南東部ビクトリア州メルボルン

オーストラリア国内で2番目に大きな都市で、移民の国だけあって住む人も文化も非常に多種多様な街です。

 

f:id:DDshiwasu:20170212143419j:plain

都会でありながら西洋建築など歴史的な建物、文化が多く残っており、「世界で最も暮らしやすい都市」にも選ばれた豪州きっての大都会。テニス全豪オープンの開催地としても知られていますね。

 

 

 

ここで私は先週から、語学留学をしています。

期間は1ヶ月。ホームステイをしながら都市部の語学学校に通い、短期間で少しでも英語を習得しようと日々勉強しています。嘘です業後に遊びに行ってばかりです。

 

 

南半球の国なので、日本とは季節がまったく逆の夏真っ盛り。こちらに来てから気温30度を越える日ばかりですが、日本の夏と違って湿度は低く蒸し返すような暑さはありません。夜は結構涼しかったりしますし、思っていたよりかなり過ごしやすいですよここ。

 

f:id:DDshiwasu:20170212143422j:plain

f:id:DDshiwasu:20170212143355j:plain

語学学校の所在するメルボルン中心街は、ビジネス街と観光地が共存する場所。オフィスとともに様々な飲食店やブティック、博物館やモールが軒を連ねます。

碁盤の目状に伸びる街の道路では、自動車とともにトラムが走っており(特定の範囲であれば乗車賃が無料!)市民と観光客の足となっています。

 

 

そんなメルボルン都心から東へ約25km(東京から川崎市ぐらいでしょうか)のところ、Truganina市にあるお宅で、ホームステイでお世話になっております。ホストマザーもファザーもとても温厚な方で、私の拙い英語力でもわかりやすいよう言葉を選んで、繰り返し話してくださったりと、優しくしていただいてます。特に時間などの束縛も無くあまりに私の自由にやらせてくださるので、こんなんでいいのだろうか…とは思いつつ、マイペースに生活させていただいてます。もう少しこっちの生活に慣れたら、もっと色々お手伝いしよう…ウン。

 

 

f:id:DDshiwasu:20170212143451j:plain

郊外の住宅街まで来るともうこんな感じで家しかない。家家家で家ばかり。徒歩圏内にお店などが皆無なので、車やバス使わな何も買えへんで!

 

 

 

 

日本との時差はピッタリ2時間。日本がまだ明け方朝4時の頃に、こちらは朝6時、学校や会社のある人が起き出す頃です。朝6~7時に起きて、正午過ぎにお昼を食べ、夜10~11時には就寝…と生活リズムは日本と大差ありませんが、今の時期は日の出が朝6時半、日の入りがなんと8時半ぐらいでして、夜9時を過ぎてもまだ空が明るいのには大変驚きました。それでいてホストファミリーも、だいたい夕方5時には夕食を食べ、9時代にはGood night and see you tomorrowで各々の寝室に行ってしまいます。

うちのホストファミリーが特別早いのかどうか知りませんが、だいたいのオージーも平日10時寝くらいらしくて、仕事終わりの金曜じゃない限り夜まで飲んだり遊んだりする人はあまり居ないそうですよ。そういや4~5時頃に学校から帰る電車に乗ると、リーマンたちで車内がいっぱいだなあ

 

 

 

 

他にも色々と、日本と結構似てたり、全然違ってたりする文化や習慣、生活環境に驚いてばかり。私の1ヶ月ぽっちの滞在予定では、目を見張るような英語力アップはとても臨めませんので、こういった異国文化や価値観に触れ、自分の生き方や価値観を変えることができたらなあ、なんて思ってここで暮らしています。

 

他の留学生の人たちと比べるとなんと意識の低い奴だろうと思われてしまうかもしれないけど、あのまま日本で留年のことを嘆きふてくされてダラダラ過ごすよりかは、こうして何かしら行動を起こすことの方が大分マシだから別にいいのです。それに私がバイトで貯めた金で来てるんだから、どうしようと私の自由だろうがよ!(という言い訳)

 

 

 

かくして私の留学モラトリアム生活が始まり、はや1週間が経ってしまいました。

残り3週間で、私の英語力は1割でもアップするのでしょうか?留年か就職かの進路の決断はできるのか?そもそも少しはマトモな人間になって、無事日本に帰ることはできるのか??

 

 

 

今後に期待です。(他人事)